お酒を飲んで失敗しない為にも適量に抑える

お酒には様々な種類がありますが、その全てのお酒にはエチルアルコールというアルコールの一種が含まれています。つまり「お酒」とは、エチルアルコールが含まれている全ての飲料水の事を指しています。では何故、人は「お酒」を好んで飲むのでしょうか。

お酒を飲んで失敗しない為にも適量に抑える

一般的にはストレス解消として飲酒する方が多いようですが、その他にも飲酒する事によってコミュニケーションが取りやすくなるといった理由も多く挙げられています。その理由はお酒を飲む事によってアルコールが脳の働きを麻痺させるのです。

その結果、元気になったり、陽気になったり、興奮状態になったりと俗にいう「酔っ払い」現象を引き起こしてしまうのです。

適度にアルコールを摂取すればこのように元気になったり、陽気になったりと楽しい時間を過ごす事が出来ますが、アルコールを過度に摂取してしまいますと血中濃度が上がってしまい呂律が回らなくなる為、上手く話す事が困難になってしまったり、真っ直ぐ歩く事が困難になってしまいます。

更に血中濃度が上がってしまいますと意識を失くしてしまい、最悪の場合呼吸が停止してしまう可能性も出てきます。

そのような症状を引き起こす場合は、基本的にアルコール度数の高いお酒を短い時間の間にハイペースで飲酒する場合が多いですので飲酒する際は、ゆっくり時間を掛けて頂くように心掛けて下さい。

また、日本では法律的に20歳にならないとお酒を飲む事はできません。ですが、何故20歳にならないとお酒を飲酒する事ができないのでしょうか。それには幾つかの理由が挙げられます。

20歳未満の脳の細胞はまだ完全に発育がされていない為、その段階でアルコールを摂取してしまいますと脳の細胞を破壊させる恐れがあるのです。

脳の細胞は一度破壊してしまいますと再生は不可能となってしまいます。ですので、20歳未満の早い段階から飲酒を行ってしまいますと脳の細胞を早い時期から減少させてしまう事になるのです。

また、20未満の方が飲酒すると”アルコール依存症”に陥りやすいと言われています。男女によってや個人の体質などによっても異なりますが、まだ身体や心の成長が完成されていない段階で飲酒を行いますと判断力や抑制能力が欠けている為、依存症になる確率が高くなってしまいます。

更には、20未満の方の体内はまだ臓器が未発達な為、その段階で飲酒を行ってしまいますとアルコールを分解する能力が追い付いていけずに”急性アルコール中毒”を引き起こしてしまう可能性も高くなってきます。ですので、お酒は20歳になってからと法律で定められているのです。

20歳以上の方でも間違った方法で飲酒を行ってしまいますと、アルコール依存症や急性アルコール中毒を引き起こしてしまう可能性も十分にあり得ます。ですので、お酒を飲む際には無理な飲み方はしないように十分に気をつけるよう心掛けて下さい。