清涼飲料水に分類されている

ノンアルコール飲料とは、アルコールが含まれていない、またはアルコールが1%未満の飲料水の事を言います。日本でノンアルコール飲料は清涼飲料水に分類されています。

現在ではノンアルコール飲料の普及も広がり、スーパーやコンビニ、居酒屋、barなどでもよく見かけるようになってきました。それだけ多くの方々に利用されているという事が分かります。

ノンアルコール飲料を利用する方の中には、お酒が苦手という方や状況的にお酒が飲めないという方など様々な理由があるかと思いますが、お酒を飲む事は出来なくてもノンアルコール飲料水を飲んで少しでもお酒を飲んだという雰囲気を味わいたい方や、飲み会などの席で車で来たためにお酒を飲めないという方が少しでも場の雰囲気を味わいたいと思いノンアルコール飲料を飲んで盛り上がるという方も多いかと思います。ですが、ノンアルコール飲料を利用している方々の多くはノンアルコール飲料にはアルコールが全く含まれていないものだと思いがちなのです。

前述でも申し上げました通りノンアルコール飲料とは、”アルコールが含まれていない”または”アルコールが1%未満”の飲料水
の事を言いますのでアルコールが全く含まれていないという意味ではないのです。ですので、ノンアルコールビール(ビールテイスト飲料)や、ノンアルコール酎ハイ(酎ハイテイスト飲料)、ノンアルコール焼酎(焼酎テイスト飲料)などと表示されている清涼飲料水でも、ほとんどのノンアルコール飲料には1%未満のアルコール分が含まれているという事になるのです。

なので、ノンアルコール飲料と言えども飲み過ぎてしまいますと、酔ってしまう場合(比較的にお酒が弱い方ですと)や、飲酒運転で引っ掛かってしまう場合などもあり得ますので十分に気をつけるように心掛けて下さい。

また、妊娠している方や未成年の方がノンアルコール飲料を頂く場合も、きちんとアルコールが含まれていないものか十分に確認をした上で頂くように気をつけて下さい。では何故、ノンアルコール飲料とされている清涼飲料水にアルコールが含まれていないものと、アルコールが1%未満含まれているものがあるのでしょうか。

それは、日本の法律でアルコールが1%以上含まれた飲料は”アルコール飲料”として定められているからなのです。と言う事は、アルコールが1%未満でしたらアルコールが含まれていてもノンアルコール飲料として分類されるのです。

法律で定義されている事ですので仕方は無いと思いますが、少しややこしいと思うのは私だけでしょうか。取り敢えずノンアルコール飲料だからと安心して頂く前にきちんとアルコール含有量の表示を確認する事を忘れないで下さい。