健康被害を発祥してしまう可能性が高くなる

日本では20歳を過ぎると法律的にお酒を飲む事が許されています。ですので20歳を機にお酒を飲む方も多くなります。

また、学生仲間との飲み会や、会社の仲間との飲み会、接待、友人同士の飲み会、恋人同士のデートなど様々な場面でお酒を頂く機会も多くなってきます。

飲み会などが多くなってきますと、それに比例してどうしても飲酒量も増加してしまいますよね。そこで気になるのがお酒による健康被害です。

個人差はありますが、嗜む程度の飲酒量でしたら毎日の飲んでもあまり健康被害に影響を及ぼす事はないとされていますが、頻繁に過度の飲酒を行ってしまいますと健康被害に影響を及ぼしてくる可能性が高くなってきます。

ご自身は大丈夫だと思っていても大量の飲酒を頻繁に行っていれば危険はゼロとは言い切れません。そこで今回はお酒による健康被害についてのお話しをしたいと思います。

「急性アルコール中毒」とは、短時間で大量のお酒を飲む事によって身体の中のアルコール濃度が急激に上がってしまい代謝が間に合わずに急性アルコール中毒に陥ってしまいます。

最悪の場合、中枢神経系である脳の機能に麻痺を引き起こしてしまい、命を落としてしまう危険性もあります。「アルコール依存症」とは、大量のお酒を定期的に長期間に渡って飲む事によって陥ってしまう病気の事を言います。

元々アルコールには依存性をもつ成分が含まれている為、定期的に飲酒を行ってしまいますと誰もがアルコール依存症に陥ってしまう可能性は十分にあるのです。

アルコール依存症に陥ってしまいますと飲酒へのコントロールができなくなってしまい、身体的または精神的に飲酒をしてはいけない状態の場合でもコントロールが効かない為、そのまま飲酒を続けてしまい更に身体的、精神的に悪化させていくという怖い病気です。

「ガン」お酒に含まれているアルコール自体に発癌性があるとされており、少量の飲酒をした際でも顔が赤くなる方は「アセトアルデヒド」の働きが鈍い体質の方で、アルコール代謝産物のアセトアルデヒドによって食道がんの原因に結びつくとされています。

また、お酒を飲む事によって咽頭がん、喉頭がん、口腔がん、食道がん、肺がん、大腸がん、乳がんの原因にも結び付くとされています。「認知症」飲酒を行う事によって脳が萎縮され、認知症を発症をする確率が高くなるとされています。

大量の飲酒を行っている方のみならず、少量の飲酒を行っている方でも農を萎縮をさせてしまう事が研究の結果で明らかになっています。

お酒を飲まれる方が全員そうとは限りませんが、飲酒を行う事によってこれらの健康被害を発祥してしまう可能性が高くなると言う事は事実です。飲酒を行う際は、ご自身の体調や健康管理をきちんと把握し考慮した上で頂くよう心掛けて下さい。