飲めば飲む程奥の深い味わいが特徴

日本酒は日本を代表する伝統的なお酒の一つとして古くから多くの方に愛されています。日本酒の主な原料には米と麹、水、または酒酵母が使用されており日本ならでは製法で醸造された清酒です。

日本酒の起源には諸説ありますが、お酒の主な原料に米が使用され造られるようになったのは水稲農耕が定着された弥生時代あたり頃からだという説があります。

奈良時代には、主な原料に米や麹が使用された日本酒独特の醸造法が普及し始めたという事が古事記によって明らかになっています。

日本酒は製法によって、「大吟醸酒」「純米大吟醸」「吟醸酒」「純米吟醸酒」「本醸造酒」「純米酒」などの分類に分けられていますが、その違いとはいったい何なのでしょうか。意外とご存知でない方も多いと思いますので、簡単に説明をしたいと思います。

「大吟醸酒」とは、原料が精米歩合50%以下の白米、米麹、水、醸造アルコールが使用されれおり、香味や色沢が良好なものとされています。

「純米大吟醸」とは、原料に精米歩合50%以下の白米、米麹、水が使用され、アルコールが添加されていないものとされています。

「吟醸酒」とは、原料に精米歩合60%以下の白米、米麹、水、醸造アルコールが使用されたものとされています。

「純米吟醸酒」とは、原料に精米歩合60%以下の白米、米麹、水が使用され、アルコールが添加されていないものとされています。

「本醸造酒」とは、原料に精米歩合70%以下の白米、米麹、水、醸造アルコールが使用されたものとされています。

「純米酒」とは、原料に白米、米麹、水が使用されており、(精米歩合の規定は定められておらず)醸造アルコールが使用されていないものとされています。

このように精米歩合などの製法の違いによって日本酒の種類が分類されているのです。また、日本酒を造る際に使用されていますお米は”飯米”と”酒造好適米”の2種類がある「うるち米」という米が使用されています。

「うるち米」の約20%は”酒造好適米”で、日本全国で約80種類以上もの”酒造好適米”が栽培されています。その中でも最も有名な品種は「山田錦」「五百万石」「美山錦」「雄町」とされており多くの日本酒の原料米として使用されています。

このように日本酒には様々な原料や製法などによって幾種類もの分類に区別されているのです。日本を象徴するかのような日本酒には日本人特有の繊細さが含まれており、飲めば飲む程奥の深い味わいが特徴ではないでしょうか。

春の季節には「花見酒」、夏の季節には「夏越し酒」、秋の季節には「月見酒」、冬に季節には「雪見酒」と、日本には素晴らしい四季がありますので、その四季折々の風景と共に美味しい日本酒を頂き日本を味わってみたいものですね。