全般を通して深酒は危険と判断

お酒と一言で申し上げても数多くの種類のお酒が存在します。原料や製法が異なる事によって様々な種類のお酒に分類されるのです。お酒の種類を大きく分類しますと「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の三つに分類する事ができます。

「醸造酒」とは最も古くから行われている製造法であり、酵母を発酵作用させて製造する方法です。また醸造酒には、「単発酵酒」「複発酵酒」の二つに分類されており、更に複発酵酒には「単行複発酵酒」と「並行複発酵酒」に分類されています。「醸造酒」の原料には、糖類や穀物類などが使用されています。

醸造酒の主なお酒の種類として、ワインや日本酒、ビールなどが挙げられます。ワインや日本酒、ビールなどの代表的なお酒からもお分かりの通り、醸造酒はあまりアルコール度数の高いお酒ではなく比較的、飲みあたりの良いお酒となっています。

だからと言って飲み過ぎてしまいますと深酔いしてしまい急性アルコール中毒など、危険な状態に陥ってしまう場合もありますので十分に気をつけるよう心掛けて下さい。続いて「蒸留酒」とは、醸造酒を更に蒸留しアルコールの度数を高くしたお酒の事です。

蒸留酒には、「ホワイトスピリッツ」と「ブラウンスピリッツ」の分類に分けられています。ホワイトスピリッツとは樽熟成が行われていない蒸留酒の事をいい、ブラウンスピリッツとは数年間、樽熟成を行い蒸留酒が着色したものを言います。「蒸留酒」の原料には、醸造酒と同様で主に糖類や穀物類などが使用されています。

蒸留酒の主なお酒の種類として、ブランデー、ウイスキー、ウォッカ、ラム、ジン、焼酎などが挙げられます。蒸留酒はアルコール度数の高いお酒ですので、基本的な飲み方としては水割りで頂いたり、ロックの場合は一気に飲み干すのではなくゆっくりと時間を掛けて頂くという飲み方が正しいかと思われます。

また、カクテルの主な材料として多く使用されていますのが蒸留酒なのです。次に「混成酒」には、醸造酒や蒸留酒などのお酒に別の原料を加えて製造されたお酒の事を言います。

混成酒には、醸造酒と蒸留酒が使用されますが主に蒸留酒を使用される事が多く、使用される原料には果実やハーブなどの糖分が多く使用されています。蒸留酒を基に造られた混成酒の中で代表的なお酒がご存知の方も多い「リキュール」となっています。

リキュールには、色や香り、または味などによって様々な種類がありカクテルなどを作る際にも頻繁に使用されています。

混成酒には香りづけや味つけなどが行われている為、非常に飲みやすくついつい飲み過ぎてしまう場合があります。ですので気が付いた時にはもう、時すでに遅しというパターンの可能性も高いです。

混成酒だけではなくお酒全般を通して深酒は危険ですので、ご自身の体調も配慮したうえで楽しく美味しくお酒を頂くように心掛けて下さい。